スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐっばいBMW、おいでませLOW RIDER・・・

 昨日、お休みを頂きまして、朝イチから
DSC05657.jpg ベンベwwの車検に行って来ましたよ

 ひっさしぶりに乗るカウル系のバイクということで
DSC05680.jpg DSC05678.jpg フルフェイスなんぞ被って気分ノリノリでね


 ついこの前も来たような気がする陸運局 さっそくユーザー車検・・・の前に
DSC05662.jpg まずは名義変更から

 旧オーナーから新オーナーへ、バイクと税金納付者の名義を変更します。この手続きは初めての体験でしたが、記入例を見ながら落ち着いてやれば、
DSC05663.jpg 思っていたより簡単にできました

 
 それではいよいよユーザー車検へ。いつものように書類の手続きを済ませ
DSC05665.jpg いざ、検査レーンへ

 まずは検査官による事前検査。見てもらっている間はヒマなので、思わず
DSC05666.jpg 「後ろから思いっきりカ〇チョウかましたら怒るやろな」とか考えてましたww

 〇ンチョウかましてたら確実に不合格だったでしょうが、ガマンしたおかげで特に指摘されることもなく、いざ
DSC05668.jpg 検査レーンへ入ります

 ここからは本当にスムーズでしたねぇ。スピードメーター・前後ブレーキも特に問題なく、
DSC05670.jpg 光軸も一発オッケー

 書類提出から新しい車検証をもらうまで、過去最速の20分で終了しました

 
 新オーナーさんへの引渡しも無事に完了 やっと終わった~・・・と思いきや
DSC05696.jpg 入れ替わりに、今度はDWMCのKさん号が入庫


 ・・・実はこの他に、あと4台も入庫待ちだったり・・・う~ん、またしばらく忙しくなるな・・・
  


スポンサーサイト

「べんべ」と読むか読まないかで年齢がバレr・・w

 先週の日曜から、妙なバイクがマイガレージに居座っておりましてね それは
DSC05657.jpg BMW K1100RS

 基本的にボクがガレージで扱うのはシングル、もしくはツインまで。水冷4気筒なんてぜったい無理やろな~なんて思っていたのですが・・・来ちゃいました。おまけに外車。ジャパニーズでも、アメリカンでもなく、まさかまさかのゲルマンのバイクがマイガレージに・・・
DSC05659.jpg 我ながら「コラ写真か!?」と思ってしまうような、このツーショットww


 今回は各部の点検、およびユーザー車検受検のために入庫してきたのですが、それにしてもこのバイク・・・めちゃめちゃデカイんですよねぇ ホイールベースも長いですし、でっかいタンクにエンジンまで覆うカウリング、そして左右のパニアケース・・・はっきり言って
DSC05660.jpg オレのハレよりデカイやんけ


 とはいえ、普段乗ってるバイクとは正反対すぎてものすごく新鮮です 少し試乗させていただきましたが、まぁ~、走るのが楽しい楽しい ひさしぶりに「コーナーを攻める」というのを経験させていただきました


 引渡しは明日の予定。それまでちょっとした浮気気分で堪能させていただきますかね

スパイ大作戦・・・からの、DWMCプチツー

 ワタクシの名前はコードネーム:TOMMY。某国のとある機関に所属する秘密工作員である。

 主な任務は諜報活動、いわゆるスパイ行為というやつだ。密かに潜入し、情報を収集して、徹底的に分析する。スリルとサスペンス、時に死と隣り合わせの任務も珍しくはない。


 今日も黒ずくめの衣装に身を包み、変装用のサングラスをかけ、特殊任務車両(ハーレーダビッドソン)に乗って向かったのは・・・


DSC05638.jpg DSC05639.jpg 三重県消防学校ww


 7月21日に行われる三重県消防操法大会。その事前練習が消防学校にて行われておりまして。ボクらも来週の日曜に練習に行くのですが、今日は別の地域の消防団が練習しているということで
DSC05641.jpg スパイというか、リサーチのためにビデオ持参で見に行ってきました

 
 ボクも地元の消防団から2番員として出場するのですが、正直・・・あまりのレベルの高さに唖然 ボクたちも今まで一生懸命やってきてはいますが、まさに「上には上がいる」という言葉がぴったり

 しかし、だからといってあきらめるわけにはいきません 大会まであと1ヶ月、自分達はまだまだやれると信じて練習していかなければ


 ・・・さてさて。ここまでは少し真面目な午前中のお話。

 PM12時半、なんとなくみんなで走りたくなって、「よかったら走りませんか?」と声をかけると・・・即座に集結するドラッグさん・磨さんに、スカルくん このフットワークとチームワークのよさがDWMCの素晴らしいところですなww

 昼食がまだということで、向かったのは
DSC05643.jpg 三重県のB級グルメ:トンテキの聖地、「来来憲」

 週末になれば県外からのお客さんでいっぱいになるこのお店。昼の営業時間の終了ギリギリだったので、なんとか待たずに入店 ボクとスカルくんは名物のトンテキ定食・磨さんはコマ焼き定食・ドラッグさんは豚肝を炒めたキモ焼き定食を発注

 トンテキと言えば、
DSC05648.jpg 豚肉をラードで豪快に焼き上げ、濃いソース味で仕上げた男っぽい料理 

 最近流行の「ワイルドだろぉ?」を連呼しながら
DSC05645.jpg DSC05646.jpg DSC05647.jpg DSC05649.jpg
 ・・・ワイルドと言うより、たんに粗野なだけのような気もしつつ、完食しました


 お次に向かったのは
DSC05652.jpg 四日市の「DAVID」

 カスタムバイクやパーツにうっとりしていると
DSC05653.jpg DWMCメンバー:後輩クンまで合流 どんだけみんなフットワーク軽いねんw

DSC05650.jpg ワタクシは、このまえからのクラッチ不調を診てもらいましたよ


 1時間半ほどダラダラしてから出発。最後に
DSC05654.jpg 鈴鹿の南海部品でお買い物をして

 R23を南下し、PM7時に帰宅しました 急にお誘いしたにもかかわらず、集まってくれたDWMCメンバー、ありがとうございました~



 走行距離:84㌔

 


  




晴れてるときの休日出勤って、ちょっとした拷問だと思うのは気のせいでしょうか。

 くっそ長いタイトルの通り、本日休日出勤・・・しかも、特に忙しいというわけでもなく、ほぼ待機というのが仕事内容


 折りしも天気は快晴。目の前の幹線道路を気持ちよさそうに走っていくバイクをボ~っと眺めていると、「ミンナ、ジコッテシマエバイイノニ」などと良からぬ考えが、ふとよぎります


 そんなボクを慰めにでも来てくれたかのように
IMG_0001ss.jpg DWMCのYさんが昼休みに来訪

 理由はと言えば、
IMG_0003ss.jpg ここに「ガソリンフィルターを付けて欲しい」とのこと。

 
 それではさっそく
IMG_0007ss.jpg ホースを外して

IMG_0008ss.jpg 新しいのに交換して

IMG_0011ss.jpg フィルター付けて完了 作業時間15分・・・


 そうこうしているうちに今度は
IMG_0010ss.jpg おなじくDWMCのKさんが差し入れのアイスと共に来訪 あざ~っす

 IMG_0013ss.jpg バイク談義で盛り上がりました


 ・・・束の間の楽しい時間はあっというまに終わり、お二人が帰った後、残されたワタクシ・・・定時までの苦痛な時間をしっかり堪能しましたとさ






 

蛸、はじめました。

 ・・・「冷やし中華、はじめました」的な題名ですが、そのへんは気にしないでください


 さてさて。一般的なバイクには付いているのに、アメリカンタイプのバイクに付いてないもの。それは・・・タコメーター。もちろん、一部には付いているモデルもありますが、ボクが今まで乗ってきたスティードやソフテイル系のハーレーにはありませんでした。


 別にね、なくても困るってわけじゃないんですよ レースに出たり峠を攻めて「レッドゾーンまでブチ回してやるぜ!!」なんてなるわけもありませんし、低回転でドコドコ走ることこそがハーレーの真骨頂だと思っておりますので


 ・・・しかし。


 低回転こそハーレーの真骨頂なら、気持ちよく感じているその回転数はいったいどれぐらいなのさ?・・・っという、まったくもって無駄な疑問が沸いてきましてね 


 そんなときに限って、なにげに某オークションサイトを見てみたら、デイトナのタコメーター&専用カプラーのセット(¥17,000相当)がたった¥5,000で出ているじゃないですか。


 落ちなければあきらめるか。そんな軽い気持ちで入札したら・・・あっ、他に誰も入札しなくて落ちちゃった



 
 そんなわけで、今回のカスタムは
DSC05608.jpg タコメーターの取り付けです

 まず悩んだのは取り付け位置。今回落札した商品には、ハンドルにクランプするためのステーも同封されていましたが、ボクのバイクには合わない気がしたので却下 そんなわけで、とりあえず
DSC05609.jpg DSC05612.jpg DSC05616.jpg
 ガレージに転がっていたステーを適当に切って曲げて穴あけして

DSC05622.jpg DSC05623.jpg メーターをセットしまして。


 どこに付けようか2秒ほど悩んだ結果、
DSC05624.jpg ブリーザーホースのボルト部分に共締めすることにしました


 続いて配線作業に メーター本体から出ている線は3本。メーター自体の電源であるプラス&マイナス線はいいとして、問題は回転数の信号を拾うパルス線。これをどこから取るかというと
DSC05625.jpg 車体下部のレギュレーターを外してみると

DSC05628.jpg こんなカプラーが出てきました

 クランクのポジションセンサーの配線なのですが、ここに
DSC05629.jpg 商品に付属していたこのカプラーを割り込ませます

 ギボシのメスになっている部分に配線を差し込めば、回転数の信号を受信できるってわけです ここまでくればあとは簡単、
DSC05631.jpg 
 タンク下を這わせるように配線を通して、赤(アクセサリー電源のプラスへ) 黒(ボディアース) 白(パルス配線に接続)をそれぞれ繋げれば


DSC05636.jpg DSC05635.jpg 完成ぃぃ


 キャブ周りのメカメカがさらに強調(←あくまでも個人的な見解でございますw)されて、かなりいい感じ また自己満ポイントがアップしましたぁ


治る気配のない、悪い癖。

 ワタクシ、いちおう社会人。

 
 8時過ぎに出社して、17時ぐらいに退社するという生活をしております。


 しかし・・・


 帰宅後はバイクをイジったり、筋トレしたり。はたまた消防の訓練があったり、こうしてブログを書いたり・・・いろいろとやりたいことがあるわけで。

 基本的に欲張りな性格のため、やりたいことは全部やらないと気が済みません。だからといって、時間というのは誰にでも平等に流れるわけで。

 となると、当然・・・睡眠時間を削るしかないわけで・・・だいたい、就寝時間は2時~3時 ダメだダメだとわかってはいるのですが、睡眠時間4時間ほどの生活をずっと続けている不健康人間なTOMMYでございます


 「たまには早く寝なければ」 「今日こそは12時までにはベッドに入るぞ」なんて、いつも思ってはいるのですよ。そんなときに限って
DSC05604.jpg こんなものが届いてしまい

DSC05620.jpg 届いたからには、取り付けたくなっちゃうわけで


 ただいまの時刻、2時半・・・〇゛カは死ななきゃ治らねぇってやつですか

時期尚早。

 2時間に1台、クルマが通るか通らないかの農道にて。


DSC05379.jpg


DSC05380.jpg


 その鮮烈すぎるデビューに、全米が泣・・・くわけがねぇか


 500メートルほどのタンデム(?)ラン 完全に自己満ですが、なんだか楽しかったなぁ ハーレーでタンデムできるのはいつになることやら

捨てる人と、拾う人。

 先日、実家からキャンプ用品をあげるという連絡があったので
IMG_08341.jpg こんなものを貰ってきました。

 
 中身はと言うと
IMG_08351.jpg 今はおそらく廃盤になっている、グリルスタンド。

 鋳物で作られ、造りもしっかりとしています これで焼いたステーキは絶品だったなぁ・・・


 しかし・・・今では
IMG_08361.jpg この有様


IMG_08291.jpg いくらなんでも、これは・・・


 おそらく使いっぱなしでロクに手入れもせず、ず~っとほったらかしにされていたのでしょう・・・キチンと使えば何十年も使えたであろうに・・・ 



 袋を開けたとき、ボクには泣いているかのように見えて仕方ありませんでした。そして、こんなになるまでほったらかして、いらなくなったから押し付けたかのような扱いに対する怒りがふつふつと・・・  
 こうなったら、「なんとか復活させてやらなければ!」 という、妙な使命感が沸いてきましたねぇ 


 とりあえず
IMG_08381.jpg IMG_08421.jpg IMG_08431.jpg
 溜まりに溜まったサビを水で洗い流し、タワシと洗剤でゴシゴシ サビの酷いところはワイヤーブラシで。さらに酷いところはスクレパーでガリガリ


 ・・・格闘すること2時間。筋肉痛になるほどガンバりましたが
IMG_08481.jpg IMG_08471.jpg
 今日のところは、これが限界 思った以上にサビの根が深く、完全には落としきれませんでした とりあえず使えるぐらいには復帰しましたが、完全復活にはまだまだ程遠いです 


 まだまだ時間と手間がかかりそうですが、しっかりと手を入れて直していこうと思います


和訳すれば、「玄人動力伝達断続装置」か・・・ww

 今日は朝から雨模様 本当なら今日も明日も休日出勤の予定だったのですが、天気に左右される仕事のため、お休みを頂きました 

 まさに「恵みの雨」 急にできた貴重な時間を、以前から気になっていたある不具合のメンテナンスのために費やすことにしました。それは・・・
DSC05603.jpg ココ

 マイハーレーのクラッチ部分。リベラのプロクラッチが装着されているのですが、少し前から「クラッチレバーを握りこんでも、クラッチが切りきれていない」という症状がたまに出るようになりまして おかげで信号待ちでエンストしてしまったり、シフトダウンがしにくくなったり

 オープンプライマリー装着時に、同時にとりつけたプロクラッチ。ちょうど3年が経過し、その間に4万㌔ほど走っています。そろそろメンテナンス、もしくは交換の時期なのかな~と思いまして、本日はこいつをバラしてみることにしました ちなみに初挑戦の作業ですので、じつはドッキドキで作業してます まずは
DSC05581.jpg ロックナット緩み止め用の金具をタガネで起こしまして

DSC05585.jpg ロックナットを外します。インチサイズがなかったので、19mmで代用

 ナットを外せば
DSC05587.jpg DSC05588.jpg DSC05595.jpg
あとはどんどん外していくだけです とはいえ、中に入っているスチールプレートとフリクションプレートには微妙に厚みが違う部分があります。外したとおりに組めば間違いはありませんので、キチンと順番に並べて作業しました


 初めて見たクラッチ板ですが・・・オイル汚れやサビなんかでメチャメチャ汚い もしかしたら、クラッチレバーを握ってもこの汚れのせいでクラッチ板が張り付いていて、クラッチが切れていなかったのかもしれませんね とりあえず
DSC05597.jpg DSC05598.jpg
 スチールプレートはペーパーやすりで磨き上げ、フリクションプレートはパーツクリーナーで洗浄


 ・・・なんて、書くのは簡単なんですけどね。だいたい、プレート1枚に対して作業時間が5分ほどかかるのですが、プレートの枚数は全部で14枚・・・


 くっそめんどくせぇなと


 作業的にはべつに難しくはありませんが、ヤスリでこすこすして、パーツクリーナーを吹いてからウエスで磨いて、またヤスリでこすこすして・・・地味です。ひたすら地味です はっきり言って楽しさのカケラもございません



 ・・・1時間ほどかかって、ボクの大嫌いな単純作業地獄もようやく終わりました。最後に
DSC05591.jpg DSC05592.jpg クラッチシェルの汚れも落として

DSC05602.jpg あとは、バラしたときと逆の手順で組み付ければ完成


 さっそく走行テストといきたいところですが、あいにく外は雨 確認は後日ですね~ 素人見ですが、フリクションプレートのヘタリもなかったし、スチールプレートもそんなに減ってなかったのでもうすこしイケると思うのですが。まぁ、これでダメならASSY交換しかねぇな・・・
 
 
 面倒くさい部分もありましたが動力を伝える大事な部分ですし、これからも定期的にメンテナンスしていこうかなっと

 

大事な大事な、このパーツ。

 昨日書いた記事で、外してしまったカムカバーに付いていた
DSC05537.jpg このパーツ。

 
 約2年前、どうけっちゃさんに作っていただいたブラスのポイントカバー ボクが考えた稚拙なデザインを、驚くほどのクオリティで仕上げて頂いた、まさにワンオフなパーツ 


 今回、カムカバーを換えたことで付ける場所がなくなってしま・・・うわけにはいきません まず用意したのは
DSC05558.jpg このステー。

 こいつを
DSC05566.jpg 適当に曲げて、穴を開けまして・・・

DSC05568.jpg とある場所に取り付けて

DSC05569.jpg ポイントカバーを移植



 ・・・もうおわかりですね。付けたのは
DSC05571.jpg モンキーくんの、ポイント部分です


 親から子へ受け継がれるかのごとく・・・ボクの中では、これ以上の場所は思いつきませんでした
DSC05576.jpg 互いにポイント部分がドレスアップしたこの親子ww 仲がよろしいことで
 





いやん、丸見えやん(はぁとw)

 今日の作業は
DSC04604.jpg 愛馬のオイル交換


 ・・・では、ありません 


 続いては
DSC05537.jpg ここを

DSC05538.jpg 外してみます。


 中に入っているのはもちろん
DSC05540.jpg ギアカム化された、カム周り。

 2年半ほど前にDAVIDさんにてギアカム&ハイカム化しましたが、実際に自分で見るのは初めて 外からはわからないカスタムですからねぇw 


 で、今回ここを開けたのはカム周りのチェックのため・・・でもありません。続いて用意したのが
画像 001w ROLAND SANDSというメーカーの「クリアカムカバー」でっす

 クリアの名のとおり、カバーの一部が透明(たぶんアクリル板かなぁ)になっているので、カムの動きが見れるっていう代物 ちなみに、箱の説明書を見てたら・・・パフォーマンスマシーン社が造っているようですね

 
 さてさて。色のラインナップは3色あったのですが、購入したのは「コントラストカット」という黒×シルバーのもの。
画像 003w とりあえず取り出してみたのですが・・・

画像 002w  画像 004w  DSC05541.jpg
 なぜか、パーツ上面がギラギラすぎるのが気に入らなくて、取り付け前に塗っちゃいました 


 あとは本体に取り付けるのみ。まずは
DSC05546.jpg ガスケットを新品に交換して、


 いざ、装着・・・と思いきや・・・マフラーに当たって、付きやしねぇ



201032000005.jpg 外すときは全然問題なかったやないか~


 ・・・っとまぁ、モノに当たっても仕方ないので
DSC05545.jpg おとなしく、マフラー固定用ボルトを緩めてクリアランスを確保して

DSC05548.jpg なんとか付きました~

 ついでと言っちゃあなんですが、
DSC05554.jpg  DSC05551.jpg バルブキャップもブラスのトンガリ君に交換


 作業時間1時間ほどで 
DSC05549.jpg なんとか取り付け完了いたしました

 率直な感想は・・・「う~ん、ちょっと浮いてるかな・・・」 ボクの車種:スプリンガークラシックは名前のとおりクラシカルな見た目が身上。今回取り付けたパーツはちょっとハイテク過ぎたかもしれませんねぇ とはいえ、やはりギアカムがグルングルン回っているのを見れるのはちょっと楽しいです


 すっけ透けになったカムカバー。エロさ全開(?)になっちゃいましたが、けっこうオススメのパーツですよ~








ふたたび、猿。

 ひさしぶりに自分のバイクをイジりたくなりましてね。
DSC05513.jpg まずはカワイイ猿くんから


DSC05516.jpg とりあえず、ジャッキを噛ませまして、

DSC05517.jpg ノーマルのサスペンションを外してやりました

 そして、用意したのは
DSC05518.jpg 新しいサス 左のノーマルサスと比べると一回り太く、メッキでキラキラしてます


 外して付けるだけなので、30分ほどで作業完了 
DSC05512.jpg  DSC05521.jpg


 たいしたカスタムではありませんが、やはり新しいパーツというのは気持ちのいいものですね もとが35年前のバイクなだけに、やればやるほど生まれ変わる感があって楽しいです
DSC05522.jpg さて、次はどこをイジろうかなっとww



ものには、限度ってやつがあるんではなかろうか・・・

 食べ物には、いわゆる「旬」というものが存在します。

 たとえば春のタケノコ、初夏の初鰹、秋のサンマに冬のブリなどなど。旬の食材はそれによって季節を感じることができたり、安価で大量に出回るために家計に優しかったりといいことずくめですよね


 最近は栽培技術の向上で、旬じゃなくてもいろんな食材を楽しむことができるようになりました。真冬にスイカを食べるなんて、100年前の人が聞いたら腰抜かすんじゃないでしょうか


 先日、職場のアルバイトさんから白菜を頂きまして。本来、白菜の旬は冬。露地栽培で、寒さを乗り越えて育ったその味わいは鍋にしても浅漬けにしても最高です。

 ところが、今回頂いたのは春先に種まきをしてハウス栽培をしてみたそうで。見てビックリ、なんと
DSC05489.jpg この大きさ

 ウチの娘(9ヶ月)とほぼ変わりありません 重量もズッシリ、
DSC05484.jpg 倒してみると、めちゃめちゃ迷惑そうな顔してましたww

 
 せっかく頂いてきたものの・・・しばらくは白菜料理ばっか続きそうですね、こりゃ

そうしてまた、男はガレージに向かう。

 本日は午前中だけ出勤。午後から家でのんびりしていたのですが・・・
DSC05497.jpg PM3時、DWMCメンバーのKさん来訪

 来訪された理由はといえば・・・「クラッチレバーが外れる」とのこと。



 ん?おっしゃってる意味がよくわからな・・・



 クラッチレバーが外れる単車って、どんだけデンジャラスやねんな?と思いつつ、見てみると・・・
DSC05506.jpg うわ~、こういうことか~

 ステー部分が折れてたんですねぇ おそらく、バックするときにクラッチレバーをどこかに引っ掛け、その時に割れてしまったのかなと。ご本人には思い当たる節がないということで、たぶん前オーナーさんがやっちゃったんでしょうねぇ


 クラッチレバーを外し終え、続いてブレーキレバーを外してみると、
DSC05501.jpg おわっ


 なんか、得体のしれやん毛がからまって・・・しかも、中心にあるのは・・・これまた得たいのしれやん卵かサナギか・・・なんじゃこりゃ~


 ・・・今までいろんなバイクを触らせてもらってきましたが、こんなケースは初めて・・・「いやん、初・体・験 なんて言ってる場合じゃねぇぞ


 とりあえずパーツクリーナーを大量噴射して念入りに洗浄しまして
DSC05508.jpg あとはNewレバーを取り付けて作業完了


 わずか15分ほどでしたが、なんだか忘れられない作業の一つになりましたねぇww
DSC05509.jpg Kさん、来訪お疲れ様でした~


ケツは一つしかねぇってのによ・・・

 今日はひさびさに、キャンプ用品について。

 キャンプ用品を購入する上で、基準となるのは①機能性 ②携行性 ③価格 の3つではないでしょうか。特にバイクキャンパーにとって、②はクルマキャンパー以上にシビアな部分でもありますね。
 円グラフでこの3つを表示したときに、理想は正三角形なのですが、どうしても二等辺三角形になってしまうものばかり・・・まぁ、このへんを試行錯誤するのもキャンプ用品を選ぶ上での楽しみだったりしますけどね


 さて。バイクで旅をする時に嵩張る荷物としてテント・シュラフ・マットなどがありますが、意外と大きな荷物になるものに「椅子」があったりします。

 
「外でキャンプするのに、椅子なんか必要ない!男は地べたでええんじゃというハードコアキャンパーにはなれそうにもないワタクシ 今まで色んな椅子を購入してきました。最初はホームセンターで買った1000円ほどの小さな折り畳み椅子でしたが、
536_1.jpg コールマンのリゾートチェアになり

DSCN3405.jpg リクライニング機能付きの、ジャックスターのやつになり

IMG_0747.jpg ノースイーグルのローチェアーになり


 最終的に落ち着いたのは、同じくノースイーグルの
IMG_1576.jpg ナチュラム別注:キャンバス生地&アルミフレーム仕様でした

 今まで買ったのは5脚、カミさん用のやつも入れると7脚も買ってきたキャンプ椅子・・・もう必要ないやろと思っていたんですよね。



 しかし・・・



 また見つけちゃったんですよ。




 それが・・・



 コレ
IMG_0023n.jpg ALITE(エーライト)というメーカーのマンティスチェアー。


 まず驚いたのが収納時の小ささと軽さ。ノースイーグルと比べると
IMG_0025n.jpg どちらも半分以下ですねぇ


 では、とりあえず出してみます。
IMG_0027n.jpg パーツはこの2点のみ。脚と座面は別々になってます。

IMG_0030n.jpg 脚はテントのポールのように、真ん中にゴムが通ってる差込式。耐荷重はなんと110Kg

IMG_0031n.jpg 脚を組み立て、座面の布を被せたら

IMG_0033n.jpg 完成~ 組み立て時間は30秒ほどです。


 収納サイズがあんなにも小さいにもかかわらず、なんとなんと
IMG_0036n.jpg 大きさはノースイーグルと同じなんですよね

 座り心地は独特ですが、まるでハンモックの乗っているようなフワフワした感じで、個人的にはすごく気に入りました 機能性・携行性という点では、今までで一番の性能かもしれません


 まぁ、唯一残念なところを揚げるとすれば価格でしょうか。今まで買ってきた自分用の椅子。それらを全部買い直したとしても・・・まだお釣りがきます 貧乏人のボクにしては、ずいぶんと思い切った買い物をしたものです



 まだ実戦投入はしていませんが、これからはコイツが大活躍してくれる・・・はず 


 






M&Aとか、P&Gとか、サイモン&ガーファンクルとか。

 New Manさん号のナセル取り付けも終わり、一息つけるのかと思いきや・・・
DSC05452.jpg 入れ替わりに、今度はドラッグさん号が入庫


 余談ですが、最近昼間の仕事も機械整備ばかりしてましてね。8:30~17:00まで修理やら点検やらをやって、帰宅してゴハン食べて風呂入ったらまたもやバイクのカスタムを3~4時間ほど・・・おかげで、手に付いた油汚れが取れなくなってきましたよ まぁ、どちらも好きでやっているのでまったく苦になりませんけどねぇ


 今回のミッションは
DSC05455.jpg  DSC05454.jpg エアクリの交換です

 ドラッグさん号、マフラー・ハンドルはもちろん、ナセルも装着済みなのに、なぜかエアクリはノーマルのままだったんですねぇ 今回は定番のS&Sエアクリーナーに換えることに

DSC05463.jpg なぜかNew Manさんまで乱入し、作業開始です

 
 作業内容はそれほど難しいものではありません。まずは
DSC05459.jpg ノーマルエアクリを外して

DSC05462.jpg ブリーザーボルトと、アダプターを取り付け、

DSC05464.jpg ブリーザーのホースを取り付けて、


 あとはフィルターとカバーを付ければ終わ・・・んっ!?



 2本必要なはずのホースが、1本しか入ってへんやんけ・・・



 ふっざけんなよ、ファッ〇ン アメ〇カン こういうところが、アメリカンクオリティなんだよなぁ・・・


 ・・・まぁ、嘆いてもしかたないので、
DSC05466.jpg ノーマルエアクリに付いていたホースを炙って径を広げまして

DSC05471.jpg なんとか装着できました


 あとはベースプレートとフィルター、最後にカバーを取り付ければ
DSC05475.jpg 完成~


 DSC05476.jpg オーナーさんのOKも頂き、納車も済ませて完了しました


 
 趣味でやっているガレージワークですが、基本的には作業工賃はもらいません。プロではありませんし、工賃を頂けるほどの腕前も持ち合わせていませんからねぇ でも、ギャラの替わりなのでしょうか。ボクの好きなウイスキーを頂くことがありまして。本来ならお断りしなければいけないのですが、ウイスキーLOVERなもう1人の自分を抑えることができず・・・ありがたく頂戴してます 

 この2週間ほど、いろんな方のバイクを触らせて頂いたおかげでしょうか・・・
DSC05479.jpg しばらくは、お酒に困ることはなさそうですね みんな、ありがと~




成せばナセル・・・完成♪

 PM8時、本日も・・・
DSC05430.jpg DSC05431.jpg このお二人と共に、作業開始

 New Manさん号のナセル取り付けも、いよいよ大詰め まずは
DSC05433.jpg DSC05428.jpg ミニスイッチ・ウインカーなどの配線関係を処理していきます

 
 それにしても・・・
DSC05434.jpg New Manさんと共にガンバって作業しているのに・・・

DSC05439.jpg となりで、ウイスキーをガブ呑み(?)するドラッグさん


DSC05438.jpg 真剣にライトを取り付けているのに・・・

DSC05443.jpg 「人間ナセル」とかやってくるドラッグさん




 4a61a51b2161b769f7da1ebc2a79484e.jpg ・・・と思ったかどうかはヒミツです




 とはいえ作業自体は順調に進み、開始から3時間後のPM11時。
DSC05449.jpg ついに完成ぃぃぃ


 いやはや・・・フロント周りの迫力がハンパない 4ヶ月ほど前、JAZZくんのファットボーイにもナセルを取り付けましたが、それと比べるとソフテイルデラックスはフォグライトのぶんだけ重量感があるような気がしますねぇ 



 最後に
DSC05450.jpg 無事完成を祝して記念撮影 皆様、お疲れ様でした~


 











成せばナセル、苦闘編

 前回に引き続き、今日もナセル取り付けです。20時すぎにNew Manさんが来訪、いよいよ作業開始・・・したのはいいのですが
DSC05405.jpg DSC05406.jpg お願いですから、ウチの監督を泣かさないでください


 そんなNew Manは放っておいて、順調に作業は進みます
DSC05410.jpg DSC05411.jpg 配線もだいたい完了したところで

DSC05414.jpg 傷付き防止のための養生テープ(と言う名のガムテープw)を貼って

 
 New Manさん号のソフテイルデラックスの特徴であるフォグランプの取り付け・・・が、ステー部分の長さがあわない 仕方が無いので
DSC05415.jpg 娘が寝ていたので、起こさないように最初はヤスリで削っていたのですが・・・

DSC05420.jpg 面倒くさくなったので、グラインダーで一気に

 悪戦苦闘すること2時間余り、ようやく
DSC05424.jpg なんとなく、完成体が見えてきました もうすぐもうすぐ
 

 
 



いつかやりたかったんだよね、コレ♪

 初めて作ったのは2年以上も前でした。
DSC05338.jpg ツイストロッドってやつです。(作り方はコチラ

 最初は興味本位でやってみただけでしたが、ついつい調子に乗って
IMG_0314a.jpg ミニキャリアも自作しましたねぇ


 さてさて。上記のツイストロッドですが。いま見るとネジリの間隔もムチャクチャやし、真っ直ぐになっていなかったりと下手クソ満載ですが、生まれて初めて作った記念、そして「いつか何かに使えるときがあるかも」ということで残してあったんですよね。


 そして・・・ついにその出番がやってきました まずは
DSC05342.jpg バイスで挟んで、適当な角度に曲げたら

IMG_0002n.jpg 切断機でカットします。


 続いて
IMG_0005n.jpg IMG_0006n.jpg 8mmのボルトを用意。ナット部分はカット
 
 そして、この両者を
IMG_0009n.jpg IMG_0010n.jpg 溶接して、表面はヤスリで整えます。


 お次は
IMG_0004n.jpg シフトペダルを持ってきまして。

IMG_0017n.jpg IMG_0014n.jpg DSC05399.jpg
 ペダル部分をすべてカットし、先程のツイストロッドを溶接 前ペダル部分は真鍮製に交換


 ・・・ここまで来れば、もうおわかりですね。
DSC05403.jpg モンキーくんをジョッキーシフト化しちゃいました

 ハーレーのカスタムでよくあるジョッキーシフト。昔から、強い憧れの対象でした。過去に一度、マイハーレーにスーサイドクラッチ仕様で自作しようとしたことがありましたが、「危なすぎる」とカミさんに反対されて断念・・・でも、いつかなにかのバイクに付けてやろうと思っていました。

 
 そして、ついにその白羽の矢がたったのがモンキーくん。遠心クラッチなのでクラッチ操作が必要ありませんし、「モンキーでジョッキーなんて・・・超クールなんじゃなかろうか」とバカなことを考えましてね とはいえ、カミさんが乗ってもいいようにフットペダルも付いているという、わけのわからない仕様になっちゃいましたが



 とりあえず試乗してみましたが、「ギアを手で操る」という感覚はものすごく新鮮ですねぇ また少し、モンキーに乗るのが楽しくなりましたよ



  


満員御礼、先客万来w

 自分のモンキー、チョッパーさん&S山君のユーザー車検と来て、今度は・・・
DSC05365.jpg DSC05366.jpg DWMCメンバー:New Manさんのソフデラが入庫

 う~ん、本業よりガレージワークの方が忙しいような気もしますが とりあえず今日も
DSC05367.jpg 現場監督@0歳児の熱い視線を感じつつ、作業開始


DSC05369.jpg とりあえず、フロント周りをバラしていると

DSC05371.jpg 今度は、ドラッグさん来訪


 DWMCメンバーはそれぞれがクルマで10分圏内に住んでまして こうして気軽に遊びに来てくれますww
DSC05372.jpg 興味津々で覗き込む「オ〇゛サン2名」の図

 あ~だこ~だ言いながらも順調に作業は進み・・・
DSC05377.jpg すっからかんになったフロント周り。そこに取り付けるのは


DSC05374.jpg 出ました、ナ・セ・ル

 広辞苑にも記載されていま(せんw)が、DWMC用語集のところでナセルを付ける事を「成せばナセル」と言います 


 とりあえず借り付けで部品のチェックをして、配線関係を確認したところでお開き。うまく取り付けられるといいのですが
プロフィール

TOMMY

Author:TOMMY
TOMMY’s Garageへようこそ!趣味のハーレー・キャンプ・ツーリングなどについてのブログです。気まぐれにグルメレポなども・・・ゆっくりしていってくださいませ☆

最新記事
カスタムファクトリー DAVID
CUSTOM FACTORY DAVID
セレクトショップ RESERVATION
RESERVATION
最新コメント
カテゴリ
今日はツーリング日和かな?

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。